車のサブバッテリー配線

車のサブバッテリー配線

車のサブバッテリーといえば、真っ先に思い浮かべるのが、そのやっ
かいな配線。

並列配線なんかは特に苦手な自分は車載サブバッテリーの自作には
向かないかもしれないと考えたりもする。

サブバッテリーチャージャーの配線についてもなかなか大変だ。

やはり、回路の配線が長くなると自作で張り巡らすのはとてもきつい。

ボンネットから配線を通す関係上、車のサブバッテリーシステムは、
その長さを十分確保しないといけないわけできっちりと配線を通そう。

一方、ハイエースやキャンピングカー用のサブバッテリーは大型の
ものも多く、なおかつ走行充電ができるのが魅力的だ。

車のサブバッテリーは軽キャンピングカーであればベンチシートの
内部に収納する形をとったりするが、理想はやはり、エンジンルーム
に自作サブバッテリーシステムを搭載する形だろう。

車のサブバッテリーにはアイソレータやディープサイクルなどなど、
いろんなタイプがある。

ただ、走行充電システムがないと100%の充電はとてもたいへん
なわけでこれをさくっとおこなってくれるのが、シガーソケットからの
充電器。

サブバッテリーを充電するのにシガーソケットがないと車の
オルタネータではパワー不足。

そもそも、サブバッテリーの充電にはいろんな方法があるわけで、
一番確実なのが、やはり家庭用AC100Vコンセントからの充電だろう。

もちろんアイソレーターや、エンジンルームのリレーから充電する
こともできる。

特に、キャンピングカーであればそのあたりはしっかりと
サブバッテリーチャージャーは取り付けられているわけで、
心配はない。

一方、ハイエースやキャンピングカー用のサブバッテリーは
大型のものも多く、なおかつ走行充電ができるのが魅力的だ。


momenturge at 22:25│clip!サブバッテリー 
車中泊キャンピング祭り