車のサブバッテリー製作

車のサブバッテリー製作

車のサブバッテリーにはアイソレータやディープサイクルなどなど、いろん
なタイプがある。

ただ、走行充電システムがないと100%の充電はとてもたいへんなわけ
でこれをさくっとおこなってくれるのが、シガーソケットからの充電器。

サブバッテリーを充電するのにシガーソケットがないと車のオルタネータ
ではパワー不足。

キャンピングカーや車中泊用サブバッテリーなどもあるとよいわけだが、
設置場所は配線回路や排気などクリアすべき課題が素人にとって多い。

少なくとも電気回路の知識が要求されるわけで、できれんば

車のサブバッテリーは軽キャンピングカーであればベンチシートの内部
に収納する形をとったりするが、理想はやはり、エンジンルームに自作
サブバッテリーシステムを搭載する形だろう。

車のサブバッテリーシステムは、ボンネットから配線を通す関係上、そ
の長さを十分確保しないといけないわけで充電回路もきっちりと配線を
通す必要がある。

そのためには、見た目もさることながら、素人か配線を張り巡らすので
はあまりにも心元ないし、サブバッテリーチャージャーの配線についても
なかなか難しかったりする。

なお、サブバッテリーの充電にはいろんな方法があるが、AC100Vから
直接充電したり、アイソレーターや、リレーから充電することもできる。

特に、キャンピングカーであればそのあたりはしっかりとサブバッテリー
チャージャーは取り付けられているわけで、心配はない。

一方、ハイエースやキャンピングカー用のサブバッテリーは
大型のものも多く、なおかつ走行充電ができるのが魅力的だ。

ただ、デリカやセリカあたりで車中泊を楽しむならば是非ともこの車の
サブバッテリーを自作するなり製作するなりで設置しておきたいところだ。


momenturge at 22:26│clip!サブバッテリー 
車中泊キャンピング祭り