レガシィ車中泊は断熱に優れている

レガシィ車中泊は断熱に優れている

レガシィで車中泊しているヤツは、なんであんなにガチでメ張りして
るんだろう。

中には、本格的なカーテンを車内1周にぐるりと曲がるレールで取り付け
てあるものまである。

確かに全長があるので車中泊には向いているが、それにしても外国の
霊柩車みたいに車だ。

そんな荷室で車中泊するということは、つまり、、(^^ゞ
よく、ホラー映画にでてくるタイプって感じのクルマ。

黒いレガシィについての最初の印象はそんな感じだったが、
ドライブ性能がよいこともありボロクソ言った割には気に入っている。

車中泊という観点から考えた場合、レガシィのいい点は、まず
その室内保温のよさだろう。

東北の温泉地など外気がマイナスでも室内はけっこう人温でも
あったかい。

寝る前にすこしアイドリングでヒーター回しておけば、けっこう朝まで
もってしまう。もちろん寝袋に包まっておくことが必要だが。

ワンボックスなどの箱車と比較して、天井が低いとその分断熱に
優れていると考えられる。

要するに横穴式住居だな、原始時代の。

ただ、リアのスペースはよいが、後輪の出っ張りは寝るときけっこう
ジャマだ。

この高さでコンパネ張って、天井ギリギリに上段ベッドを作成、
下段にバッテリーシステムや収納ボックスなどを並べればかなり有効
に空間を利用できるかもしれない。

レガシィで2段ベッドなんてきいたことないが、けっこういいかも。

天窓あたりに枕が来るようにしておけば夜空の星なんかも眺められ
ながら眠りにつける。




momenturge at 13:09│clip!レガシィ 
車中泊キャンピング祭り