ストリーム車中泊の決め手

ストリーム車中泊の決め手

ストリームでの車中泊フラットはなかなが手ごわいのだが市販のベッド
マットを入れてしまえばなんとかなる。

たとえば、ラブベッドといったフルフラットマットなどはストリームに対応
しているし、また他のメーカーのものでもそこそこ流用できる。

そもそも、ストリームは車体も小さいし、荷物室も狭いため、マジで気合
の入った車中泊を考えるなら、座席を潰して荷室を拡張するしない。

さらに、イラクターで土台をつくりその上にコンパネを敷けば、かなり
最強の車中泊に変身するはず。

でも、そこまでして車中泊改造するなら、他の車買ったほうがよかった
かも。

どうしても、ストリームが好きで、でも車中泊したいというなら、このよう
な改造自作をおこなうしか手立てはない。

別に、車体に穴をあけるわけでもないので、そんな無茶な改造というわ
けではないが、座席を取っ払ってしまう以上用途はほぼ車中泊に限ら
れてしまうことを覚悟しておいたほうがいい。

オレも以前ステップワゴンを乗っていたがそのときの車中泊は問題な
かった。

それというの座席そのものが水平だったためすぐフラットに対応でき
たからだ。

文字と通りバタンと倒せばよいわけで、それでひっくり返って寝れば
いい。

でも、ストリームは2列目シートの方が高くなっている上に、2列、3列
を倒してもフラットにならない、しかも、車長は短いし、これはもう座席
を強撤去するほかないわけだ。(笑)

ただ、新型ストリームはセミフラットモードできるタイプなので、これが
唯一の救い。その際に、ヘッドレストを外して、倒したほうがいいです。

そもそもストリームのコンセプトに車中泊はなかったはずだったが、
あまりにもユーザーからのフラットへのリクエストが多かったのだろう。

ホンダもやっと重い腰をあげたわけだ。






momenturge at 13:11│clip!
車中泊キャンピング祭り