軽キャンピングカー車中泊と横風

軽キャンピングカー車中泊と横風

軽キャンピングカーでの高速道路を走行していると、その背後の
ウザサもあってか、必ずといっていいほど追い越しをかけてくる。(笑)

そのとき注意しなければならないのがときの“横風”。
大型トラックに追い越される場合は特に要注意だ。

やはり、車高が高いキャブコンの場合、通常の軽トラより横風
をきつく受ける。

その回避策として、右車線から追い越されるときは少し、
ハンドルを気持ちだけ右に切るようにするとよい。

また、後輪をワイドタイヤにしておくとかなり安定して走れるので
お勧め。

ただ、自然の横風が吹いた場合、車高が高いキャブコンだとかなり
きつく影響を受ける。

これを回避するのは不可能で、走行速度を落とすしかない。
トンネルを出た直後の橋桁には要注意だ。

軽キャンピングカーの高速道路走行のもう一つの問題点が速度。

通常の軽トラと違い車体が重たい分、やはり、5%以上の登りになる
とアクセル全開でも積荷によっては、60キロ位までしかでない。

その場合必ず、登坂車線を走るようにする。

また、登坂車線の終わり表示は突然であることが多く、加速する
時間がなく本線合流が危険な場合がある。

坂が緩やかになり、速度が出るようになってきたらすかさず加速して
本線に合流しよう。

常に、エンジンは660CCであることを忘れないようにする走行する
のが横風防止の最大の秘訣だ。




車中泊キャンピング祭り