voxy車中泊でいろいろなマットを試す

voxy車中泊でいろいろなマットを試す

voxy車中泊でのフラットは微妙に傾いている。
しかし、段差はあまりないので、とても車中泊しやすい。

最高のフラット実現を考えれば軽ワンボックや軽トラなどをキャビン
用に改造したクルマがベストだが、voxyはそれらには及ばない。

ただ、工夫次第ではかなりの快適性を確保できるので問題はないと
思うし、それ自体が楽しかったりするので、苦にはならない。

むしろ、そのような車中泊に適さない部分をどのようにして改善し
てフラットにするかを考えることは楽しい。

たとえば、voxyの車中泊についてのアイデアではないが、凸凹の
クボミを利用して、収納本ケースにしてしまった例などについては、
なるほどと思ったりする。

テレビバ番組でも、狭い空間をいかに有効活用して家を建てるかと
いったような番組をやっているが、車中泊改造もあれに違いものが
あるし、それなりに楽しいものである。

少し、空間に余裕があるハイエースなどでは、エアマットを入れる
のもよい。

でも、voxyで、そんなメットを入れると、天井までのスペースが
狭まり、寝起きにズボンをはくのもままならず、かなりのストレス
になってしまう。

また、いくらvoxyがフラットになるといってもマットレスだけは、
入れるのはよしたがほうがよい。

それは、少ない段差でも、その部分がダイレクトに体に感じられる
ため、気になって車中泊どころではないからだ。

同じ薄くても、低反発性のマットのうがvoxyの車中泊にはぴったり
だ。

しかも、これは折りたたむことができるので、狭いvoxy車内にあ
ってはとてもありがたい。

momenturge at 11:52│clip!voxy車中泊 
車中泊キャンピング祭り