車中泊向けに軽自動車フラットを実現しよう

車中泊向けに軽自動車フラットを実現しよう

軽自動車のベットメイキングのためフラットにするにはベニヤ板な
どがあると便利でし。さらに、軽ワンボックスであれな高かさがあ
るため車中泊に向いています。

また、バモスであれば専門のフルフラットセットが販売されていま
すからそれを入手しておきましょう。

必要なときだけ快適フラット化ができるとしたらいいですよね。
バモスであれば家族4人がゆったり車中泊できたりします。

そのためにも、マットレスを含んだ軽自動車用のフルフラットセット
が一番便利です。

これはネットショップでも販売されているので入手するのも簡単です。
少しばかり凸凹していてもフラットなスペースが確保してしまえば、
グッと車中泊用の車に近くなり、雰囲気もでてきます。

あと、銀マットは必須です。これは凸凹緩和だけでなく、窓のメ張り
などにも使えて断熱性もありますから、寒い冬の中での車中泊には
必需品なのです。

また、凸凹をカバーすれば、寝心地がよくなるので、ダンボールなど
もあると便利です。

車中泊のポイントは「車内快眠」をいかに確保できるかにかかって
いますから、フラットにするための手間隙を惜しんではいけません。
これは納得いくまで改造してみることが大切です。

ただ、現実には自作している人より既製品を利用している車中泊族の
ほうが圧倒的に多いようですから、そんなに難しいことではないので
しょう。

ですから、道の駅やサービスエリアなど 車中泊してる人の車ってとても
気になってしまうのです。


momenturge at 14:08│clip!軽自動車ベース 
車中泊キャンピング祭り